読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学への生物

大学入試に向けた高校生物の解説をしています.徐々にコンテンツを増やしていきます.現在は2017年度大阪大学の解説を作成中.解説してほしい問題などのリクエストがありましたらコメント欄まで.

2017年度 大阪大学 前期 生物 3 【解説】

大阪大学(2017-前期) 解説

f:id:road-to-the-victory:20170315001352p:plain

f:id:road-to-the-victory:20170315001404p:plain

f:id:road-to-the-victory:20170315001409p:plain

f:id:road-to-the-victory:20170315001413p:plain

------------------------------------------------------------------------------

【解説】難易度:★★☆☆☆

2017年の阪大生物の中で一番簡単な大問です.

連鎖に関する計算問題はその手間から,一瞬「うっ」と思ってしまいがちですが,

この問題は全く面倒な計算はありません.もちろん全問正解を目指しましょう.

 

(1)

(ア)独立(イ)対立(ウ)減数分裂(エ)第一分裂(オ)相同染色体

(カ)ニ価染色体(キ)赤道面

 

(2)

「戻し交配」とは,交配によってできた子孫を,その親の片方と交配させることを言います.

あまり一般的な言葉ではなかったので,補足しておきます.

 

二つの遺伝子座は別の染色体に載っており,

ヘテロ接合体を優性のホモ接合体と交配させることになるので,

子孫の表現型はすべて優性になるはずです.(優性の法則)

 

つまり,表現型として現れるのは,「正常翅・灰色」のみです.

「正常翅・灰色」:「正常翅・黒色」:「痕跡翅・灰色」:「痕跡翅・黒色」

=1:0:0:0

が答えです.

 

(3)

ポイントは,「優性」のホモ接合体と交配している点です.

完全に連鎖している場合であろうがなんだろうが,

ホモ接合体である個体のつくる配偶子はすべて【vg⁺・b⁺】になります.

つまり,ヘテロ接合体とホモ接合体との交配で出来る個体の表現型としては,

すべて「正常翅・灰色」になります.よって、

「正常翅・灰色」:「正常翅・黒色」:「痕跡翅・灰色」:「痕跡翅・黒色」

=1:0:0:0

が答えです.

 

(4)

リード文の途中,

「正常翅・灰色」:「正常翅・黒色」:「痕跡翅・灰色」:「痕跡翅・黒色」

=963:185:206:944

と書いてあるので,ここから教科書通りに組み換え価を求めます.

組み換え価(%)=(185+206) / (963+185+206+944)×100 = 17.01・・・

なので,答は17%.

 

(5)

リード文の最後,曲がり翅になる表現型を示す遺伝子座(c)と遺伝子型(vg)との組み換え価は5%とあるので,考えられる染色体地図としては,

 

・【vg】--5%--【c】--12%--【b】

・【c】--5%--【vg】--17%--【b】

の2パターンであり、これが答えです.

 

調べ方としては,遺伝子bと遺伝子cの組み換え価を求めてしまえばおしまいです.

 

しかし,ここで少し困ることがあります.

遺伝子座cについては,「曲がり翅に表現型を示す遺伝子座」としか書かれておらず,

曲がり翅自体が優性なのか劣性なのか,そして対立形質はどんなものなのかも

分からないためこの辺の具体的なところを記述に書かずに解答とします.

 

【解答例】

遺伝子座bと遺伝子座cについて,優性ホモ接合体と劣性ホモ接合体を交雑させてできたヘテロ接合体を劣性ホモ接合体と交雑させて,できた個体を集計して組み換え価を求める.

 

(6)

ハーディーワインベルグの法則に関する基本的な計算問題です.

ハーディーワインベルグの法則にしたがうので,遺伝子Aと遺伝子aの遺伝子頻度をp:qと設定します.

すると,AA:Aa:aa=p²:2pq:q² となります.

遺伝子型の中で,遺伝病を生じるのはaaのみなので,

q²=4/1000000より,q=0.002    

遺伝子頻度は0.002となる.